文化・習慣・料理etc。トルコスタイルライフ発信中☆
プロフィール

Rina

Author:Rina
縁あってトルコに住むことに。
のんびりゆっくり、気ままな日々進行中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





イフタル(夕食)に、ちぃぼぅさん夫婦が遊びに来てくれました
ラマザン中のおもてなしは、なんとも緊張します。
というのも、味見ができないから
いつもはオットくんと二人なので、なんとなく適当に作っても気にしないのですが(笑)


味見をしなくても、それっぽくできる料理ってないかな~、と考えて作ったのがこれ。
骨付きの鶏と野菜を煮込んだものです。
実はこれ、去年のラマザン中に、なんとなく試してみたら想像以上においしくできてびっくりしたもの。


以前、親戚10人が突然やってきて
あわてて用意したのもこれだったのですが
トルコ人にも好評で、作り方教えて!と言われました。

鶏肉好き、じゃがいも好き、サルチャ大好きのトルコ人(カッパドキア人)なのに
この料理は知らなかったようです。トルコ料理にないのかな?


骨付きの肉は「食べにくい」と文句を言うオットくんですが
やわらかく、身が外れやすいこれは好きみたい
私も料理しやすいので好き。(笑)


これ、なんて料理?とオットくんに聞かれて
うーん、タウク・パタテス?と答えました。
とり・ポテト。そのまんま。


骨付き肉を使ったのは、見栄えがいいから。(笑)
骨なしの鶏でももちろんできます。
でも骨付きだとコラーゲン効果で、お肌プリプリ?なんて目論んでいます。



続きは作り方~(一応)

続きを読む





ラマザンは1週間が終わりました。
人間の適応能力ってのはすごいもので、あれだけ嫌で嫌で仕方なかった早起きが
普通にできるようになりました

いつも3時半に起きるようにしているのですが
ラマザン4日目を過ぎたあたりから
カパッと目が開くように。(笑)

でもあと3週残ってる。長いなぁ


先日、市場に出かけたら、にんじんがたくさん出ていました。
特に使う予定はなかったけど、きれいなものがあったのでつい

「にんじんは野菜じゃない」と言うオットくん。
煮込み類は食べません。甘いのが気持ち悪いって。

サラダに入れても、まだたくさんあるので前菜にしてみました
以前紹介した、ナスとヨーグルトの前菜の、にんじんバージョン。

これはオットくんも好きで、たくさん作っても、あっという間になくなります。
簡単でおいしいお助けの一品


続きは作り方~

続きを読む




というわけで(前回の日記参照)、ピーマンのドルマを作りました
本当に久しぶり。前、いつ作ったのかわかりません。
イマイチ気乗りせずに作ったドルマでしたが、意外なことにおいしくいただけました。
ピーマンが旬だからかな?

このような「野菜にご飯を詰めた」シリーズは、トルコの家庭料理代表選手のひとつです。
ピーマン、トマト、ズッキーニ、ナス…とにかくたくさん。
米を詰められるものは何でもドルマにしてしまえ!的な意欲を感じます

一番びっくりしたのが、かぼちゃの花のドルマ。
鍋の蓋を開けると、あの黄色い花がぎっしり詰まっていて、なんとも甘い花の香りがします。
私はこれは一口でダメでした
花って…食べるものなんだ

なぜかわかりませんが、私はドルマ類が苦手です。
ご飯大好き、野菜大好きなのに、合体作はどうもダメ。
リゾットが食べられないので、ご飯がゆるくなったような、あの感じがダメなのかと。

偏食大王のオットくんに、いつも「好き嫌い言ってたらダメよー!」と小うるさく言っているわりには
私が嫌いなものは食卓に上らない。(笑)
これではオットくんがかわいそうなので、意を決して作ったわけです。(大げさ)

ちなみにピーマンの肉詰めをしてみたら
「何これ、ヘンなの~」と、興味は持ったものの食べた反応はイマイチでした


続きは作り方~


続きを読む




もう1週間ほど前になりますがmikiさんの「カレーとチーズのピデ」を見て(レシピもここに
無性に食べたくなったピデ

ピザよりもあっさりで手軽で、トルコのピデは大好き
意外と簡単にできるので、オーブンを買って以来よく焼いています。

今回は真似っこをさせてもらって、少し残ったクルファスリエにカレー粉を混ぜて
カレー風味にしたものを入れました。

カレー粉、もうちょっと入れればよかったかも。
香りはカレーなんだけど、味はトマト煮。(笑)
それでもおいしかったのでいいのですが。

せっかく焼くなら、と、もう1種追加。
トルコの定番、チーズとたまごです
本来は脂分の少ない白チーズを使うのですが、私はこの白チーズが苦手
ということで、「とろけるチーズ」を使いました。

奥のほうがカレー&チーズ、手前がたまご。
よくある、舟形のものではなく、表面が閉じたタイプのものを作りましたが
中身、あふれちゃってます欲張っていっぱい入れたから。(笑)

やっぱり出来立ては最高~
自分のランチ用に作ったのですが
とってもおいしかったので、オットくんが帰ってくる頃にもう1度焼きました

いつも適当なひとりランチも、たまには少し手をかけるのもいいかも



オットくんはいつも、日没頃に帰宅します。
たいてい日没を知らせるエザンの前後で「今から帰るー。おなか減った~」と連絡があります

今の時期、日没は8時過ぎくらい。
7時ごろから準備を始めれば、少々早く電話があっても、余裕を持って「はーい」と答えられます。

でもたまに、急に早く帰ってきたり
しかも「今ウルギュップだよ。あと5分で家」なんて言います。
エッ!!ごはんまだ用意してないけど、おなか減ってる?と聞くと
「うん、すんごい減ってる。何ある?」と。

そんな急な!何もないよー!というときは、こちら。
忙しいときに、ぱぱっとできてしまう、お助けメニュー


この鶏のソテーは、オットくんが初めて作ってくれた思い出の一品です
オットくんいわく「それほど簡単だということ」
シンプルなのに、とってもおいしくてびっくりでした。
材料は鶏肉、トマト、ピーマンのみ。あれこれ加えすぎないのがおいしさの秘訣のようです。

結婚してからは私が作るようになって、たまねぎを入れてみたり、トマトペーストを加えてみたり、
いろいろ試してみましたが、やっぱり基本に忠実に作るほうがいいみたい。

ごはんにもパンにも合う、とっても便利なメニューです
簡単でメインにもなる、うちの定番
ぱぱっと済ませてしまいたいときにオススメです


続きは作り方です
続きを読む
<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。