文化・習慣・料理etc。トルコスタイルライフ発信中☆
プロフィール

Rina

Author:Rina
縁あってトルコに住むことに。
のんびりゆっくり、気ままな日々進行中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





またしてもパッタリ消えておりました。
ハイ、日本に戻っておりました。

用事で帰ったので、たいして何もできず、ただバタバタと慌ただしい帰国でした。
あー、もったいない。

トルコに戻ったと思ったらすぐにラマザンだし。

ラマザン前に、と、知り合いのレストランに行ってきました。
ステーキがおいしいので、あまり肉は食べない方ですがステーキをオーダー。
オーナー、張り切ってメニューに載ってない特大サイズを出してくれました。

「30分以内に食べ終えたらタダ!」的なサイズでびびびっくり。厚みは3センチ近く、幅約15センチ。。。
食べても食べても食べても、減らない。
肉大好きなオットも「これ、減らないなぁー」と言いながら食べてました。
どうりで注文からえらい時間がかかってたわけだわ。

でも、ご厚意だし、サイドは無視して、せめて肉だけでも、と食べましたー。
私、結構すごいわ。もうしばらくステーキはいらないかな。

というわけで、またトルコ生活再開です☆








暖かかったり寒かったり、不安定な感じが続いていましたが、ようやく春到来の兆しです。
あー、最近いい感じだなァ、なんて思っていたら、花が咲いていました。
たぶん杏。
大量にハチがいました。

他の木のつぼみも、もうちょっとで花が咲きそう。

なんとなく、まだまだ冬のつもりでいたのですが
サマータイムも始まったし、気がつけば3月も終わり。

春だ~、うれしい。








寒さが厳しいと聞きました。
避難されているみなさんは、大変な苦労があるかと思いますが、負けないで。がんばってください。

募金・ボランティア募集に関する一覧があったので貼っておきます。
東北地方太平洋沖地震 募金・義援金・ボランティア募集の情報一覧
一日も早い復興を祈っています。少しでも力になれるよう、みんなで協力しましょう。


   ************


ここ数日、早朝にゴーゴーと音がするので、何かと思ったら気球でした。
夏に何度かこちらに飛んで来ていましたが、風向きの影響でしょうか、またウルギュップ上空を大量の気球がふわふわ。
今日は一機、うちの裏手にある学校のグラウンドに着陸していました。

かなりの低空飛行で、乗客のひとたちの顔が肉眼で確認できるほど。
ムスメが「あー!」と指をさすと、お客さんたちが「おーい」と手を振ってくれてました。

屋根すれすれ。いいの?

ぷかぷか浮かんでくる気球、マリオのキノコみたい。



このたびの地震で被災されたみなさまへ、心よりお見舞い申し上げます。
また、亡くなられた方々へ、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

連日のテレビ、新聞での報道を見るたびに心が痛みます。
想像したより、はるかに大きな被害が出ていて、被災された方の数がどんどん増えていく
私はここで、何ができるわけでもなくただニュースを見て、とても複雑な気持ちになるのです。

私の親戚の大半は、震源地に近い海岸沿いに住んでいます。
連絡が取れず心配しましたが、全員の無事が確認できました。

ただただ、これ以上被害が大きくなららいように、と祈るばかり。
みなさまのご無事をお祈りしています。

微力ながら、私もここでできることをやろうと思います。

がんばれ、がんばれ、がんばれ。










ついについに、このカッパドキアにも生麺が登場!!
乾麺じゃない、生のうどんです。「うどん」って書いてるし~!!

生の中華麺があると聞いて、買いに行ったものの見つからず
あーあ、とガッカリしていたところ、こちらを発見。

でも、びっくりするくらい高くて、欲しいー、高い~、どうしよう・・・と、しばらく悩みましたが
日本から生麺を送ってもらうわけにもいかないし、乾麺とは別物だし、自分で作るのも面倒だし
ま、いいかー、と購入。ついでにビーフンも。

カッパドキアで生麺が手に入るとは夢にも思っていなかったので大興奮。
この調子で、どんどん日本食材を入れてほしいものです。

どうやって食べようかな。
ふと映画「UDON」を思い出しました。
茹でて生卵と醤油でガーっと食べてたっけ。


<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。